とりあえずやってみればいいじゃん

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえずやってみればいいじゃん

エンジニア関連のことについてつらつら書くブログ

4/25 #4Creators Learning English Meetupで登壇してきました #clem_jp

始めてCLEMに参加してきたのでレポートします。 clem.connpass.com 自己紹介タイム テーブルごとに自己紹介を英語で行いました。英語のレベル感はバラバラだったと思います。が、英語できる人の方が多かったな。。。 LT The method of improving your listen…

4/21 Cookpad Tech Kitchen #7 〜理想の開発現場の「ふつう」のお話 〜に参加してきました #cookpad_tech_kitchen

クックパッドさんの勉強会に参加することができたのでレポートを書きます。 cookpad.connpass.com 論文について ※カンペはこのツイート カンペは作ってきた。これだ。 pic.twitter.com/rEgFpOp95W— akiyama924 (@akiyama924) 2017年4月21日 現場に置けるソフ…

3/3 モックオブジェクトをより便利にする #tryswiftconf

try!Swiftのセッションまとめシリーズです。Jon Reidさんの「Making Mock Objects More Useful」についての記事になります。 資料 qualitycoding.org 内容 Swift環境でどうモックオブジェクトを作るのか なぜモックオブジェクトが必要なのか レストランの例 …

3/2 独自のツールを構築する #tryswiftconf

try!Swiftのセッションまとめシリーズです。Orta Theroxさんの「Building your own tools」についての記事になります。 資料 公開されていないようです 内容 Swiftとは別の話をする 問題 開発、ビルドに時間がかかるようになっていた 3人で開発していた カス…

3/2 Realmを使ってコラボレーションアプリを作る #tryswiftconf

try!Swiftのセッションまとめシリーズです。Marius Rackwitzさんの「Craft Collaborative Apps with Realm」についての記事になります。 資料 内容 コラボレーションアプリとは? 複数のユーザが同じ作業をできるようなアプリケーション 今日はモバイルデー…

3/2 楽しく便利なSwiftチャットボット #tryswiftconf

try!Swiftのセッションまとめシリーズです。Ray Tsaihongさんの「Swift Chatbots for Fun and Profit」についての記事になります。 資料 公開されていないようです 内容 チャットボットは楽しいけどここから得られる利益はあくまでもオプションであって保証…

3/2 Pixels、プロセスと情熱 #tryswiftconf

try!Swiftのセッションまとめシリーズです。Rikke Møller Koblauchさんの「Pixels, process and passion」についての記事になります。 資料 www.slideshare.net 内容 デザイナー 自分でサイトを作った html, cssを使いながらやってみたのが最初 ゆで卵が好き…

3/2 アプリを新次元に導く3D Touch #tryswiftconf

try!Swiftのセッションまとめシリーズです。Meghan Kaneさんの「3D Touch: Bring your apps to a new dimension」についての記事になります。 資料 公開されていないようです。 内容 3Dタッチの概要となぜ素晴らしいのかという話 3Dタッチの歴史 6s以降に搭…

3/31 Re:try! Swiftに参加してきました #re_try_swift

まだtry!Swiftの書き起こしが終わっていませんがRe:try! Swiftに参加してきました。 mokumoku-ios-at-next.connpass.com UIを全部コードで描きたいというきもち@yukiasaiさん コードでUIを全部書きたいという話 try!Swiftでの似た話 Write your App Swiftly …

4/4 dots.女子部- 新年度LT大会!を開催しました #dotsgirls

dots.女子部で久々にLT大会をやりました。 eventdots.jp LT Googleスプレッドシートと私@きりぽんさん BIツール 数値を集めてグラフ化するツール 高い お金かけたくない データ可視化したい 無駄な労力かけたくない 自動化したい Googleスプレッドシート Goo…

読書メモ:統計学が最強の学問である[ビジネス編] - 人事のための統計学

読んだ本の内容を忘れないためのメモです。 対象の本 統計学が最強の学問である - ビジネス編 この記事で記述する範囲 第2章 人事のための統計学 内容要約 優秀な人は採れてますか? いくら画期的な経営手法やツールを導入しても、そもそも従業員の能力がな…

3/3 様々な場面でSwiftを使う #tryswiftconf

try!Swiftのセッションまとめシリーズです。Yusuke Itoさんの「Swift Outside the Box」についての記事になります。 資料 内容 Swiftがアップル以外のプラットフォームでも使えるように サーバサイドSwiftについて 2015年10月にSwiftのソースコード公開 Linu…

3/3 オープンソースコミュニティをスケールさせる #tryswiftconf

try!Swiftのセッションまとめシリーズです。Felix Krauseさんの「Scaling open source communities」についての記事になります。 資料 内容 前置き fastlane meetupでfastlaneチョットワカルTシャツもらった fastlane 500人以上コントリビューターがいる オープンソ…

3/3 なぜ登るのか #tryswiftconf

try!Swiftのセッションまとめシリーズです。TachibanaKaoruさんの「Why We Climb」についての記事になります。 資料 内容 宣伝 モバイルアプリ開発エキスパートが発行される予定 ロッククライミング/ボルダリングについて ボルダリング クライミングスポーツ…

3/19 Realm World Tour - Recent Updates(Java) #realmworld

アジェンダ The Realm Mobile Platform Experience Product updates Realm Objective-C/Swift2.2-2.4 Realm Java Guest presentations Ito Fumihiko Siroyama Introduce Error Prone Realm Mobile Platform Demo Realm Java@山崎さん 2.3.0 今まで頭と後ろだ…

3/3 Swiftでのエラーハンドリングとエラー耐性についての教訓 #tryswiftconf

try!Swiftのセッションまとめシリーズです。Christopher Rogersさんの「Lessons in Swift Error Handling and Resilience」についての記事になります。 資料 内容 前置き Swiftのエラーに関して ここでのエラー=エラー型ではなくコードの中で誤作動しそうで…

3/3 サーバサイドSwiftの実例 #tryswiftconf

try!Swiftのセッションまとめシリーズです。Tatsuya Tobiokaさんの「Server-Side Swift Live Coding」についての記事になります。 資料 内容 サーバサイトSwift使ってますか? なぜやるか そこにあるから なぜ使わないのか 特に使う必要がないから 今日はこ…

3/19 Realm World Tour - Recent Updates(主にObjective-C/Swift) #realmworld

アジェンダ The Realm Mobile Platform Experience Product updates Realm Objective-C/Swift2.2-2.4 Realm Java Guest presentations Ito Fumihiko Siroyama Introduce Error Prone Realm Mobile Platform Demo Recent Updates @岸川さん 前回のmeetupからi…

3/3 👾 & ⌚️ #tryswiftconf

try!Swiftのセッションまとめシリーズです。giginetさんの「 & ⌚️」についての記事になります。 資料 内容 「ゲーム&ウォッチ」 人類は古くから時計でゲームを動かすことに挑戦してきた そんな中、ウォッチでSpliteKitが使えるように ウォッチ上で動作するゲ…

3/19 Realm World Tour - The Realm Mobile Platform Experience #realmworld

アジェンダ The Realm Mobile Platform Experience Product updates Realm Objective-C/Swift2.2-2.4 Realm Java Guest presentations Ito Fumihiko Siroyama Introduce Error Prone Realm Mobile Platform Demo Realm本、Tシャツプレゼント 写真撮影、懇親…

3/3 テスト可能なコードを書くということの2つの側面 #tryswiftconf

try!Swiftのセッションまとめシリーズです。Brandon Williamsさんの「The Two Sides of Writing Testable Code」についての記事になります。 資料 スライド共有サービスには上がっていないようです。try!Swift2017のslackの#slideには上がっている(しかもカ…

3/2 毎日リアクティブ #tryswiftconf

try!Swiftのセッションまとめシリーズです。Agnes Vasarhelyiさんの「Everyday Reactive」についての記事になります。 資料 内容 Ustreamの人 安定していて可読性の高いものを心がけている 楽しいからリアクティブで書いている いくつかのパラダイムを意図的…

3/3 Client-Side Deep Learning #tryswiftconf

try!Swiftのセッションまとめシリーズです。Shuichi Tsutsumiさんの「Client-Side Deep Learning」についての記事になります。 資料 Client-Side Deep Learning from Shuichi Tsutsumi www.slideshare.net 自分のデモが失敗した時用のデモビデオはこちら(ち…

3/3 スタートアップのSwift #tryswiftconf

try!Swiftのセッションまとめシリーズです。Mo Kudekiさんの「Startup Swift」についての記事になります。 資料 内容 リリースまで 1年間でビギナーとして体験した話をする 2016年初頭に製品を打ち出した その時Swiftを知らなかった MVPで出した 女性の友人…

3/2 リアルタイム物体検出アプリでよりよいフィードバックを提供する #tryswiftconf

try!Swiftのセッションまとめシリーズです。Shinichi Gotoさんの「Providing Better Feedback in Real-time Object Detection Apps」についての記事になります。 資料 内容 イメージ、動画からオブジェクトを検出する過程について Wantedly People 名刺管理…

3/2 クックパッドアプリのテストを味わう #tryswiftconf

try!Swiftのセッションまとめシリーズです。Kazuaki Matsuoさんの「Tasting tests at Cookpad」についての記事になります。 資料 20170302 tryswift tasting_tests from Kazuaki MATSUO www.slideshare.net 内容 テストと言ってもいろいろなテストがある 今…

3/3 VRの革新と新たなユーザー体験 #tryswiftconf

try!Swiftのセッションまとめシリーズです。Artis Birzinsさんの「VR Innovation」についての記事になります。 資料 スライドは公開されていないようです。 内容 VRをどうやってゲーム以外に展開したらいいか モバイルヘッドセットを使ってVRアプリ開発がで…

3/3 チームの生産性を改善するために決断疲れを最小化する #tryswiftconf

try!Swiftのセッションまとめシリーズです。Derek Leeさんの「Minimizing Decision Fatigue to Improve Team Productivity」についての記事になります。 資料 Minimizing Decision Fatigue to Improve Team Productivity from Derek Lee www.slideshare.net …

3/3 忙しい人のためのApp Transport Security #tryswiftconf

try!Swiftのセッションまとめシリーズです。niwatakoさんの「App Transport Security for Busy Devs」についての記事になります。 資料 内容 自己紹介 日本語で書き起こしブログを書いている 金閣がある京都から来た ゴールドのMacBookがお気に入り はてな社…

3/2 UIをSwiftyに書く #tryswiftconf

try!Swiftのセッションまとめシリーズです。Sommer Panageさんの「Writing your UI Swiftly」についての記事になります。 資料 Writing Your App Swiftly from Sommer Panage www.slideshare.net 内容 小さな会社におり、一からswiftで書けることにわくわく…

3/2 SwiftのPointy Bits #tryswiftconf

try!Swiftのセッションまとめシリーズです。Nate Cookさんの「Swift’s Pointy Bits」についての記事になります。 資料 スライド共有サービスには上がっていないようです。try!Swift2017のslackの#slideには上がっているので、そちらをご参照ください。 内容 …

3/2 Swift on Android #tryswiftconf

try!Swiftのセッションまとめシリーズです。Eric Wingさんの「Swift on Android」についての記事になります。 資料 スライド共有サービスには上がっていないようです。try!Swift2017のslackの#slideには上がっているので、そちらをご参照ください。 内容 皆…

3/2 Swift開発者が知りたかったけど聞きにくい機械学習のすべて #tryswiftconf

try!Swiftのセッションまとめシリーズです。Alexis Gallagherさんの「Everything a Swift Developer Wanted to Know about Machine Learning But Was Afraid To Ask」についての記事になります。 資料 スライド共有サービスには上がっていないようです。try!…

3/3 きちんと型付けされたメッセージ #tryswiftconf

try!Swiftのセッションまとめシリーズです。Krzysztof Siejkowskiさんの「A Neatly Typed Message」についての記事になります。 資料 内容 概要、背景 コードの可読性についての話 コードを書く上で問題になっているもの(研究結果より) コードの背景にある…

try!Swiftで使えそうな英語のフレーズをまとめてみた

明日から行われるtry!Swift。英語ペラペラではない私にとっては英語の予習が必要になります。そこでtry!Swiftに行った時に使えそうなフレーズをまとめてみました。場合によっては付け足し更新するかもしれません。すごく基本的なフレーズでもとりあえず書い…

2/20 勉強会主催者のための勉強会を開催しました

勉強会主催者のための勉強会をやってみたらとても良い感じで実施することができました。 connpass.com 参加者 勉強会を主催するという人だけあってすごかったです。仕事の都合等で当日キャンセルの方もいたのですが、そのうち2人からは直接「行けませんごめ…

2/19 TwitterAPIとSwiftを使ってiOSアプリを作ろう!を開催しました #eventdots

dots.女子部主催でiOSのハンズオンを行いました。今回私はメンターとして参加してきました。 eventdots.jp 実装するもの 完成品はこちらになります。 GitHub - ktanaka117/DotsSwiftTwitterClient 自分のTwitterのタイムラインを表示させるアプリです。 資料…

2/4 三方良しと、デザイン思考に参加してきました

デザイン思考に興味があったのでこんなイベントに行ってきました。100人くらいが参加するとても大きいイベントでした。 peatix.com ちなみにこの勉強会ではコミュニケーションボードと言って、Googleフォームで回答を送信するとスプレッドシートにリアルタイ…

1/24 iOS Creators' Meetup vol.3を開催しました #oi_study

iOS Creators' Meetupの3回目を開いたのでそのことについて書きます。 oi-study.connpass.com LT 「8分間でデザイン思考をわかった気になる」 @akatsuki174 技術系のLTが多いなと思ったので違うものにしてみました。最近勉強してるデザイン思考についてです…

勉強会主催者のための勉強会を開催します

半年前くらいからやると公言しつつやっていなかった「勉強会主催者のための勉強会」をついに開催することになりましたのでお知らせします。 connpass.com なぜやるのか 勉強会を主催しているといろんな悩みに直面します。 「初めての主催でよくわからない」…

1/17 dots.新年会に参加してきました

よく使っているdots.で新年会があるということで参加してきました。 eventdots.jp 何をしていたかというと、基本的にはひたすら飲んでました。ウェルカムドリンクは用意されていたのでとりあえず飲んでそこらへんの人と喋るという形でした。来ていた人はdots…

Geek Women New Years Party 2017に参加してきました #GeekWomenJapan

ギーグな女性が集まる新年会に行ってきたので簡単にレポートします。ガッツリ勉強系のLTがあったわけではなくメモを取っていたわけではないのでなんとなく覚えている範囲で書いていきます。 eventdots.jp 交流会 イベント時間の半分くらいが交流会でした。い…

iOS Creators’ Meetup vol.3を開催します

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 さてさて前回の勉強会から約3ヶ月経ったので今月1/24(火)に第3回の勉強会を開催します。 oi-study.connpass.com ゲストスピーカーご紹介 今回は株式会社ookamiで取締役兼グロースハッカー…

読書メモ:『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』⑥

読んだ内容を忘れないように、かつより深く理解するための読書メモです。書評とは違います。 対象の本 21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由 初版 第3刷 今回の記事で扱う範囲 capter 4:創造モードへのスイッチ 要約 この章では言葉、イメージ、直感…

読書メモ:『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』⑤

読んだ内容を忘れないように、かつより深く理解するための読書メモです。書評とは違います。 対象の本 21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由 初版 第3刷 今回の記事で扱う範囲 capter 3:創造的問題解決の羅針盤 要約 デザイン思考が実際のビジネスに…

読書メモ:『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』④

読んだ内容を忘れないように、かつより深く理解するための読書メモです。書評とは違います。 対象の本 21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由 初版 第3刷 今回の記事で扱う範囲 capter 2:作り手魂の学校 要約 筆者はデザインの世界に入ったことでビジ…

読書メモ:『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』③

読んだ内容を忘れないように、かつより深く理解するための読書メモです。書評とは違います。 対象の本 21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由 初版 第3刷 今回の記事で扱う範囲 capter 1:デザイナーから学ぶハイブリッド知的生産術 要約 左脳と右脳を…

読書メモ:『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』②

読んだ内容を忘れないように、かつより深く理解するための読書メモです。書評とは違います。 対象の本 21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由 初版 第3刷 今回の記事で扱う範囲 capter 0:21世紀型教育の先進国アメリカ 要約 デザイン思考に注目が集ま…

今年1年のエンジニア生活を振り返る

年末なので今年のエンジニア生活を軽く振り返りたいと思います。 転職 今年の一大イベントでした。2年ちょい勤めた会社を辞めて別の会社に行きました。当初転職することに対してビビってましたが無事転職することができて良かったです。 勉強会主催 転職して…

読書メモ:『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』①

読んだ内容を忘れないように、かつより深く理解するための読書メモです。書評とは違います。 対象の本 21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由 初版 第3刷 今回の記事で扱う範囲 序文 はじめに 要約 序文 本書はデザインとビジネスの両分野を股にかける…